叔母の寝室:クリエイター

こごめさくら
初めましての人も、またお会いしましたねの人も、
よろしくお願いします。
シナリオを担当しました、こごめさくらと申します。

季節もすっかり春らしくなった今日この頃。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本作「叔母の寝室」は、ジャンル分けするなら、
年上ものということになるのかもしれませんが、
自分としては、『叔母もの』というジャンルを
確立するくらいの意気込みで書いた一作です。

日々、悶々と女性への憧れを抱いていた
主人公の少年が、ふとしたことから美しい叔母の
虜となり、その手練手管で心と体を支配されて
いきます。しかし、主人公の傍にはもうひとり、
恋心を押し隠す従姉がいて……

原作の鏡龍樹先生が生み出された
ふたりのキャラクターに、ゲーム独自の
新キャラを加えた新たな人間関係。

体を重ねることでしか自分を表現できない
不器用な女性たちと、その柔肉の誘う快楽に
抗うことができずに溺れていく主人公……

性愛を経て、大人への階段を登ってゆく少年を、
丹念に描き出した本作「叔母の寝室」は、
少年の成長物語にほかなりません。

初秋の湘南を舞台にした、妖しくも美しい
愛と性の物語。

皆様に楽しんで頂ければ幸いです。



▲△メーカー通販は、マリゴールドさまに委託しております△▲
「叔母の寝室」スペシャルプライス版の通信販売はマリゴールドさまページからお申し込み下さい。