叔母の寝室:コンセプト


「フランス書院」とは…

ご存じの方には、もはや説明不要なことですが、
官能小説出版の老舗にして最大手、それが
「フランス書院」さんです。

フランス書院さんの書籍を、まだお読みに
なったことがない方でも、そのお名前は
どこかで聞いたことがあるでしょう。
本屋さんの文庫コーナーの一角を陣取って、
扇情的なタイトルから妖しくも蠱惑的なオーラを
発している、黒い背表紙の文庫の一群が
かねてより気になっていた方も少なくないのでは。

フランス書院さんの歴史は古く、今から36年前の
1975年に、官能小説系の翻訳出版社として
設立されたのがそもそもの始まりです。

それから10年を経て、1985年に
『フランス書院文庫』が創刊され、現在にまで至る
破竹の快進撃が始まったわけです。

1987年に『コミック文庫』創刊、
1991年に月刊コミック誌『パピポ』、
1992年に『Xコミックス』シリーズ、
1993年にはヤングアダルト向け『ナポレオン文庫』ならびに
新書の『ハードXノベルズ』、
1997年には女性向けボーイズラブの『ラピス文庫』、
2003年には、新たなボーイズラブ路線の『プラチナ文庫』と
ヤングアダルト層に向けた『美少女文庫』、
そして昨年、単独の作家専門の文庫として
『結城彩雨文庫』がスタート…と、まさに
そのフィールドは、活字における官能の総合商社と
いった趣きさえ感じられます。

また、フランス書院さんはWEBでの展開も早くから
行っており、1999年から、総合サイトとして
『フランス書院オンライン』を運営されています。

http://www.france.co.jp/

出版社さんのWEB展開としては非常に珍しいことに、
テキストのダウンロード販売も積極的に行っています。

今まで発刊した書籍の総刊行点数は実に1400点超!
フランス書院さんをよくご存知の方はもちろん、今まで
呼んだことがなかった方は、フランス書院さんが
紡ぎ出す、豊穣な官能の世界に
触れてみてはいかがでしょうか。



▲△メーカー通販は、マリゴールドさまに委託しております△▲
「叔母の寝室」スペシャルプライス版の通信販売はマリゴールドさまページからお申し込み下さい。