物心ついたときから、母と僕とは広い家に二人きりで暮らしていた。



若く美しい母は、小さな頃から自慢だったが

いつからだったろう、家に招いた友人が、本気で母に恋するのを見て

嫉妬を感じるようになり、僕は、友人を家に招かないようになってしまった。



本当は、早く社会に出て、母に楽をさせてあげたかったけれど

「今時、大学くらいは出ていないと」という母の奨めもあって

僕は大学に進学した。



30も半ばになろうというのに、相変わらず、母は可憐で美しい。

僕は──そんな母に対して、肉親に対する以上の愛情を

感じながらも、表面的には仲の良い親子を演じていた……。



そんな危ういバランスで保たれていた親子関係は、僕自身も知らなかった

ある秘密の存在によって、いともあっさりと、音を立てて崩壊した。



そして僕は──愛憎と肉欲の泥沼に墜ちていった。

 
 
 
 
 
 
(C)Puzzlebox/Snowflake
 
 
HOMEインフォメーション製品紹介 | ダウンロードリンク | お問い合わせ |